カローラフィールダー(E14/E16)の買取査定額があり得ない金額に

カローラフィールダー,E14,E16

買取査定サイトボタン3

トヨタ・カローラフィールダー(E14/E16)は、

トヨタ自動車が製造販売する5ドアのステーションワゴンです。

 

初代の発売は、2000年になります。

 

カローラツーリングワゴンの後継車になり

トヨタMCプラットフォームを使っています。

 

エンジンは、1.5リッター直列4気筒の1NZ-FE型と

1.8リッター直列4気筒の1ZZ-FE型及び

2ZZ-GE型で2.2リッターディーゼルの3C-Eです。

 

トランスミッションは、4速ATと5速MTか6速MTです。

 

駆動方式は、FFか4WDです。

 

 

2代目E14#G型カローラフィールダーの特長は?

カローラフィールダー,NZE141G

2代目は、2006年の発売で先代のプラットフォームに

変更を加えて使用し5ナンバー枠に収められた

国内専用のモデルです。

 

リアシートは、世界初のダブルフォールディング機構採用の

ワンタッチ格納リアシートを全車に標準採用にしました。

 

エンジンは、1.8リットル直列4気筒DOHCの2ZR-FE型に変更され

4速ATからスーパーCVT-iになり1.5リッターは、CVT及び5速MTです。

 

 

3代目E16#G型カローラフィールダーの特長は?

カローラフィールダー,NZE161

3代目は、2012年の発売でヴィッツなどが使用している

Bプラットフォームに変更され全長は、少し短くなりました。

 

エンジンは、1.5リットル直列4気筒DOHCの1NZ-FE型と1.8リットル直列4気筒DOHCの2ZR-FAE型です。

 

このモデルより設定されたハイブリッドモデルは、1.5リットル直列4気筒DOHCの1NZ-FXE型と1LM型のモーターの組み合わせです。

 

ハイブリッドシステムは、リダクション機構付のTHS-Ⅱが採用されています。

 

カローラフィールダー中古車市場での評価は?

003

現行モデルの新車価格は、157万円~222万円で

中古車の最多価格帯は45万円~153万円です。

 

新車の価格から考えると、なかなか

良い価格がつく車だという印象です。

 

そして、

買取価格を最大化するためには、

複数の買取業者に見積りをしてもらう必要があります。

 

その時に便利なのが中古車査定サイトです。

 

中古車査定サイトを利用することで、

一度の登録で複数の業者に声をかけることが出来、

一気に見積りを集め比較することが出来ます。

 

そうすることであなたの

カローラフィールダーの査定額は最大化します。

 

是非うまく買取査定サイトを利用して

最高の条件を手に入れてくださいね。

 買取査定サイトボタン3

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ