ミゼット(K100P)は何故高値で買取りされるのか?

ダイハツ,ミゼット

買取査定サイトボタン3

ミゼット(K100P)と言えばあのかわいいルックスで

たくさんの人に愛された車です。

 

ダイハツ・ミゼットはⅠとⅡがありますが、

この記事はⅡ(K100P)の方を対象としてお話しています。

 

この車はⅠと同様小口配送に的を絞った車で、

よく酒屋さん、米屋さんなどで使われています。

 

サイズは、軽自動車よりも相当小さいサイズで、

軽自動車でも入れない細い道でも、

簡単に入ることが出来ます。

 

最小回転半径は3.6mで、小さいので小回りも利きます。

 

生産は、1996年~2001年までの6年間で14,000台売れました。

 

ミゼットⅡでは安全を考え3輪から4輪になり。

 

 

ミゼットⅡ(K100P)の特長とは?

ミゼット

デザインはフロントにスペアタイヤがあり見た目に特徴があったり、

オート3輪時代のかわいらしい雰囲気を引き継いでいます。

 

乗車定員は1人乗りと2人乗りの2種類があり、

エンジンはハイゼットと共通の物です。

 

ですが、車重が軽いため燃費はハイゼットの約半分と

燃費もいいので配達などに向いています。

 

今こう言う車を発売しているメーカーはありませんし、

これからも出て来るとはとても思えない種類の車です。

 

特にこう言う車はなかなか出て来ません。

 

 

中古車市場でもマニアックな人気を誇るミゼットⅡ

ダイハツ,ミゼット

ミゼットⅡ(K100P)は個人の方がスタイリングを気に入り

欲しいという場合が多いのですが、

発売当初はお店をしてる人が買う車でした。

 

そういった車は1度買うと最後まで使う人がほとんどで

なかなか売りに出ない車です。

 

よって、

ミゼットⅡ(K100P)は買いたくても買えない車で

それゆえに人気が高く高値が付いています。

 

趣味性が高いので買う方としては、

少しくらい高くてもほしい車で、

売りに出されてもすぐに売れてしまい、

高く売れるのです。

 


高値がつきやすいミゼットⅡ(K100P)も売り方をミスると。。。

中古車査定サイト

しかし、

こういったマニアックな売れ方をする車は、

業者によってはその希少性が分からず、

低い価格を付けられてしまう可能性があるので、

 

売りに出す場合は買取査定サイトを利用して、

複数の業者に見積りしてもらうことが有効です。

 

買取査定サイトを利用することで、

業者間で競争意識が働き交渉すること無く

高値で買取りしてもらうことができますので、

売却を考えている方は一度見てみると良いですよ。

買取査定サイトボタン3

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ